menu

安全性への取り組み

たかみ交通では常に安全運行と親切&丁寧をモットーに、
乗務員全員が責任感を持って業務に当たっております。

輸送の安全に関する基本方針

1.社長及び役員は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であるということを深く認識するとともに、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。

2.輸送の安全の確保に関する声に絶えず耳を傾け、現場の状況の把握をし、全従業員に対して輸送の安全の確保を浸透させ、定着させます。

3.輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を実施するとともに、安全対策を随時見直し、全従業員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

4.輸送の安全に関する情報は、積極的に公表します。

2020年度 輸送の安全に関する安全目標及び達成状況

年度 人身
事故
死亡
事故
有責
事故
物損
事故
車内
事故
路上車両
故障
2020年度
目標
0件 0件 0件 0件 0件 0件
2020年度
結果
0件 0件 0件 1件

内後退事故
件数1件

0件 0件

2021年 4月16日現在

2021年度 安全目標

1.重大事故件数0件を達成します

2.有責事故件数0件を達成します

3.有責事故の内、後退事故件数0件を達成します

4.路上車両故障0件を達成します

最も重要で大切なことは、安全であるということ

車社会を担う一員として、社員・運転士が「最も重要で大切なことは、安全である」という認識を徹底し、
お客様に安心してご利用いただけるよう、日々努力を重ねております。

POINT1 社員教育
交通安全週間や安全週間といった全国的な行事を活用し、社員一同が交通安全を常に意識するよう心掛けております。また、安全に関する教育を実施し、安全マネジメント体制の維持、継続的改善に努めております。
POINT2 運転士の教育
安全運転、モラル向上のための教育に積極的に取り組み、交通安全の重要性の共通認識を高め、事故の危険予知、安全運転の心構えの向上に努めることで「交通法規の厳守」、「無事故無違反」を徹底しております。
POINT3 サービス品質向上の取り組み
より快適にご利用頂くために、より良い接客・より良い接遇を目指し改善を行っております。

シートベルト着用のお願い

たかみ交通では、全車にシートベルトを標準装備はもちろん「お客様の安全第一」の観点より、シートベルト着用のご案内に加えて、
乗務員による目視確認を実施いたします。座席でのシートベルトは着用が義務づけられておりますので、ご乗車の際はシートベルトのご着用をお願いいたします。

運行管理体制の充実

安全にご利用いただくためには欠かせない、運行管理にも力を注いでおります。

ドライブレコーダーの導入
たかみ交通では、全てのバスにドライブレコーダーを設置しております。
これにより、事故防止を目的とした運転士の教育および啓発に役立てております。
デジタコの導入
たかみ交通では、全てのバスにデジタコ(デジタル式運行記録計)を設置しております。
デジタコによって運行データを記録し、事務所の読み取り装置で解析することで、運転士が法定速度・休憩時間などを遵守しているかを短時間で確認できます。
これによって適切な運転指導や、運転士本人による自己判断も可能となり、安全運転やエコドライブの推進にもつながります。また、運転士の労務管理、事故防止にも有効なシステムとして活用しております。
GPSの導入
GPSにて現在位置を把握して、運行管理を行っております。

万一に備える保険

当社の車両は全て、御乗車になる御客様が万が一、自動車事故等に遭われた場合、一定額の保障がされる保険に加入しております。
車両の中で起因する事故等に関しては、車両にかけた保険が適用されます。

対物・対人 無制限
搭乗者 1人につき5,000万円